FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪魔なティロップ

20120602
結局、なんだかんだ言いながらDMM.com→http://www.dmm.com/でエッチ動画を購入、ダウンロードしちゃいました。
サディスティックなぼぼ♂ぶたじる♪です。
購入したのは当然の如くSMモノ。
「女スパイ拷問室」なんて動画であります。
けっこう、こ~ゆ~シチュエーションって好きなんだよネ。
類い希な美貌を持ちながら、高い戦闘力を持つ女スパイ、あるいは女性捜査官。
いわゆる「強い女」ですな。
そんなタフな彼女達が、敵組織に潜入しますが、お決まりのパターンで捕まり、拷問される訳です。
強い女はプライドも強い。
ですが過激な拷問の果てにプライドを打ち砕かれ、敗北を認めてして奴隷と成り下がる。
そんなシチューションに、僕は萌えるのですねぇ~♪。
ああ、スケベなおっさん、ここに極まれり(笑)
と、まぁ・・・、お決まりなパターンと、お約束な物語を飽きもせずに見てるのです。
で、今回購入した「女スパイ拷問室」ですが・・・、う~む・・・むむむ・・・。
かなり過激な責めをしていますねぇ。
このシリーズに出演されているAV女優さん、相当ハードなプレイに堪え忍んでいます。
お仕事とは言え、ここまでやっちゃって大丈夫なのかなぁ?なんて思うのですが、いやいや、常識的に考えたって、このプレイは過激すぎる。
だってねぇ、ある作品では首吊り責めまでやっているのです。
AV女優さんの首に巻き、それで吊して窒息寸前まで追い込んでいる。
これは危ないよ。
映像を見る限り、安全性の配慮なんてしているように思えないけど、まかり間違えば「殺人」になりかねないような事をやっているのです。
もうSMと言う範疇を越えているね。
SMビデオをじゃなくて、ドメスティック・バイオレンスの映像記録になっている。
いや、あのね、別にドメスティック・バイオレンスの映像記録が悪いって訳じゃないよ。
性癖は千差万別だし、十人十色。
ドメスティック・バイオレンスは褒められた事じゃないけど、女性を虐待したり、意図的に傷付けたりする趣味を持つ人を非難するつもりはないし、否定する気もありません。
僕だって、わざと恋人に意地悪な事をしたり、困らせたりして、恥ずかしがっているの見物して面白がっているのだから、同類なのですヨ。
だいたいぼぼ♂ぶたじる♪のポリシーは「すべての性癖を差別しない」のですから。
だから、性癖をとやかく言うつもりはないけれど、何だろう?かなり心にモヤっとした「引っ掛かり」があるのです。
TVや、動画共有サイトなんかで、タレントさんや素人さんが、無茶な、言ってみれば「馬鹿な」ことに挑戦して、笑いを取る映像があるのだけけど、この時に画面下に「真似しないでください」なんてティロップが流れる事があるよネ。
このティロップって邪魔だと思いませんか?
んでもねぇ~、やっぱりTVや、動画共有サイトは「公共の場」なんだから、こ~ゆ~邪魔なティロップも必要なのかもしれない。
で、この邪魔なティロップ、実は、ドメスティック・バイオレンスの映像記録にも必要なんじゃないかな?なんて思ったりするのです。
だってさぁ、こ~ゆ~首吊りプレイを真似するような、馬鹿な輩が居たりして、無知な「サディストもどき」が下手な事をして、それがまかり間違って事故に繋がったりしたら、またSMが世間様から白い目で見られる訳でしょ。
古くから日陰の存在だったSMと言う性癖だけど、最近は注目されるようになって、男女を問わず理解者も増えてきました。
その反面、自己中心的で無知な「サディストもどき」が、無知ゆえに馬鹿な事故を起こして、またSMが非難されたり、軽蔑するべき性癖と思われるのは、もう迷惑千万だよ。
スポンサーサイト
[PR]

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【邪魔なティロップ】

結局、なんだかんだ言いながらDMM.com→http://www.dmm.com/でエッチ動画を購入、ダウンロードしちゃいました。サディスティックなぼぼ♂ぶたじる♪です。購入したのは当然の如くSMモノ。「女スパイ拷問室」なんて動画であります。けっこう、こ~ゆ~シチュエーションって...

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

ぼぼ♂ぶたじる♪

Author:ぼぼ♂ぶたじる♪
BoBo☆CLUB♪Topページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。